二日酔い防止にチーズ

<スポンサーリンク>

牛乳~乳製品

 

よく「お酒と一緒に牛乳やチーズを食べると二日酔いになりにくい」という話を耳にします。これはチーズに含まれるたんぱく質が胃に膜を作り、アルコールから胃を守ってくれることから。更に、チーズに含まれる必須アミノ酸のメチオニンには、お酒を飲むと肝臓にできる、二日酔いの素であるアセトアルデヒドを分解する作用があります。この二つの特徴から、チーズはお酒のおつまみに適しているというわけです。

 

ミルクの栄養をギュッと濃縮

簡単に言えば、ミルクを原料にして水分を除き固めたものなのですから、ミルクの栄養を濃縮した成分がチーズに含まれています。カルシウム、たんぱく質、ビタミンなどの栄養成分が凝縮されているのです。コップ1杯分の牛乳が、チーズ20g(スライスチーズ1枚強)に相当するくらいになります。しかも私たち日本人に多い、「牛乳を飲むとお腹がゴロゴロ」してしまう“乳糖不耐症”の人もチーズなら大丈夫。なぜかというと、チーズを作る行程中に乳糖が除去されてしまうからなのです。

 

吸収率抜群のカルシウム&たんぱく質など

スライスチーズ1枚に含まれるカルシウムは約114㎎。これは成人の1日の必要量600gの約5分の1に近い量になるのですから驚きです。カルシウムはたんぱく質と結びつくと吸収されやすいことがわかっています。特に、チーズに含まれるたんぱく質は、体内で作ることができない必須アミノ酸をバランスよく含み、しかもとても消化・吸収がよく、ほぼ100%が体内に吸収されるといわれています。

「ナチュラルチーズ」は、牛や山羊、羊などの乳や、クリームなどの乳製品に、乳酸菌や酵素を加え、カード(凝乳)からホエー(乳清)を除いたもの

「プロセスチーズ」は、1~数種類のナチュラルチーズを加工して作ったもので、熟成が進みにくく保存性が高い


★フレッシュタイプ

原料になる動物のミルクに乳酸菌や凝乳酵素などを加えて固め、水分を抜いただけの状態で完成させたチーズのことです。おなじみの“クリームチーズ”や、イタリアの“マスカルポーネ”、“リコッタ”、“モッツァレラ”など

★白カビタイプ
白いカビにチーズの表面を覆わせて熟成させるタイプのチーズ。熟成が進むとチーズの中央部分までとろりとしたクリーミーな状態となり、更に完熟に近くなると、表面に付いている白カビが茶褐色になったり赤みを帯びたりしてチーズ独特の香りも強くなります。一番有名なのは、フランスの“カマンベール”ですね。最近では同じくフランスの“ブリ”などもポピュラーになってきています。

★青カビタイプ
ブルーチーズと呼ばれているチーズで、牛乳や羊乳を原料にして、青いカビを植え付けて作ります。独特のピリッとした刺激があり、塩味も強め。ただ最近では、表面が白いカビで覆われたブルーチーズもあり、こちらはマイルドな味わいです。イタリアの“ゴルゴンゾーラ”フランスの“ロックフォール”イギリスの“スティルトン”がとりわけ有名で、世界三大ブルーチーズと呼ばれています。

★ウォッシュタイプ
このタイプのチーズには、修道院で誕生したものも多いことから“修道院のチーズ”という別名があるらしいです。チーズに特別な菌を付け、熟成させる過程で塩水やワインなどの地酒で表面を洗うのでこの名が付いたとか。洗うことで、チーズをさまざまな雑菌から守ると同時にその洗い方や回数によってさまざまな味わいの個性的なチーズができるといいます。フランスの“ポン・レヴェック”イタリアの“タレッジォ”など。

★シェーブル(山羊乳)&ブルビ(羊乳)タイプ
どちらも個性的な味わいのチーズで、シェーブルは若い時は酸味が強く、熟成が進むにつれ酸味は薄くなりコクが出てくるといいます。一方、ブルビは牛乳や山羊乳と比べて脂肪分が多い羊の乳を使い、濃厚なコクとほんのりとした甘味があるのが特徴。フランスの“クロタン・ド・シャヴィニョル”など。

★セミハード&ハードタイプ
製造段階に、プレスして水分を抜く工程があるチーズで、保存性がよく、固めで大きいもの中心。よく知られているものでは、スイスの“エメンタール”“グリュイエール”オランダの“ゴーダ”イタリアの“パルミジャーノ・レッジャーノ”などがあります。

 

チーズの「AOC」や「DOP」ってなに?

店頭でチーズを見ていると、時々“AOC”や“DOP”といったマークがついている商品を見かけることがあります。これはフランスやイタリアで認定されたブランドマークのようなもので、フランスやイタリアでは伝統的な酪農製品や農産物の品質を守り、その技術を後世へ伝え残そうという制度があるそうです。これが“フランスAOC”“イタリアDOP”です。どちらも厳しい審査基準があり、その後も抜き打ちテストが繰り返し行われ、その基準をクリアした最高品質のチーズのみにこのマークが付けられているというわけです。どのチーズを買おうか迷った時は、これらのマークをチェックしてみるのも良いですね♪

 

 

 

<スポンサーリンク>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です