卵の種類のイロイロ

<スポンサーリンク>

たまご

 

昭和の初め頃には、まだ贅沢品だった卵。
私たちの体をつくってくれる必須アミノ酸をバランスよく含む卵は「完全食品」といわれます。貴重品だった卵が一般的な食材となったのは、昭和30年代半ばになってからだそうで、そんなに昔ではないのですね。

 

卵は「物価の優等生」

今現在では日本で年間に生産される卵はなんと400億個!自給率は97%にもなっており、年間1人あたり330個食べているという計算になります。しかも昭和30年頃から今現在まで卵1個の小売価格は10円前後のままといいます。物価は上がっているのに、卵はほとんど値段が変わっていません。こんなことから、卵は「物価の優等生」と呼ばれるようになったそうです。

 

栄養バランス的にも「優等生」の卵

卵の嬉しい点は、何といっても栄養バランス的に優れているところです。しばしば「完全食品」などともいわれるように、卵にはビタミンCを除く主な栄養素がほとんどすべて含まれているのです。それも単にいろいろな栄養素が含まれているだけではなく、注目すべきはその成分バランスです。卵に含まれるたんぱく質はとても良質です。人間に必要なたんぱく質である必須アミノ酸のバランスを見る数値に基準値を100としたプロテインスコアがありますが、なんと卵のプロテインスコアは100!その上、卵黄にはビタミンAビタミンB2、鉄分やカルシウム、リンなども豊富ですし、老化の予防に役立つとされる、リン脂質なども含まれています。

 

卵の栄養を上手にとるコツ

卵の栄養素を上手に体内に吸収する一番いい食べ方は、半熟状で食べることです。半熟状にすれば、含まれる栄養素のなんと96%が体内に入るといいます!また、1日の内では朝に食べるのが一番有効だというデータがあり、朝卵を食べると、即座に消化・吸収して、午前中から頭がスッキリと冴える、つまりは直ぐにエネルギー源として活用することができるという話です。

 

卵のコレステロールは本当に体に悪い?

栄養たっぷりでしかも安価な卵ですが、問題になるのがコレステロールが多いとされる点でしょう。しかし、病気などでお医者様から厳密に制限されているのでなければ、1日1個程度の卵を食べても問題にはならないといいます。というのは、確かに卵にはコレステロールが含まれていますが、血中コレステロールを溶かすレシチンも同時に含まれているからです。レシチンには血管を掃除したり、脳の血管障害を防ぐ作用もあるので、ボケ防止にも効果があるといわれています。確かに、血中コレステロールが高くなれば動脈硬化や心臓病などの病気を引き起こす原因になりますが、コレステロール自体は、人間の体にとって害があるものではありません。細胞膜を作ったり、ホルモンの材料になったり、肝臓の機能を助けたりと、なくてはならない栄養素でもあるので、やはり食べ方のバランスを取ることが大切なのでしょう

 

茶色い卵、大きな卵…卵の種類イロイロ

★卵のサイズ S・M・Lの違い
卵はその大きさ(重さ)から分けられ、流通しているのはSSからLLまでの6種類があります。サイズの違いは、卵を産む鶏の月齢によるもので、成長するに従って卵のサイズは大きくなる傾向にあるようです。しかし、卵黄の大きさはどのサイズもそれほど変わりません。

SS・・・40g以上 46g未満
S ・・・46g以上 52g未満
MS・・・52g以上 58g未満
M ・・・58g以上 64g未満
L ・・・64g以上 70g未満
LL・・・70g以上 76g未満


★卵の色の種類
卵には殻が白いもの(白玉)と茶色いもの(赤玉)があります。色の違いが出るのは、鶏の種類が違うため、白玉レグホーンは白い殻の卵、イサブラウンなどの赤玉鶏は茶色い殻の卵を産みます。一般的には赤玉のほうが値段が高めなために栄養があると思われがちですが、含まれる栄養素の割合に差はありません。値段の違いは出荷量の違いによるものだそうです。


★有精卵・ヨード卵・地卵とは?
性質や含まれる成分などが特徴的なものがあり、こうした卵は特殊卵と呼ばれます。

・有精卵
雄と交配させた雌から産まれた卵で、ヒヨコになることができる卵です。これに対して一般に売られている卵は無精卵で、温めてもヒヨコは産まれません。ただし、栄養的にはどちらも差がないといわれています。

・ヨード卵
海草の粉など、ヨード分を配合した飼料を食べさせた鶏が産んだ卵です。普通の卵と比べると、含まれるヨードは20倍にもなります。卵に含まれるヨードの効果については、効果があるという説や、大した効果がないのではないかという説など、見解が分かれています。はっきりとした定義はありませんが、放し飼いにしている鶏や、昔ながらの自然な飼料を与えた鶏に産ませて作った卵がこう呼ばれているようです。

 

 

<スポンサーリンク>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です