こんなにある! 世界のパン巡り

<スポンサーリンク>

パン


日本人が考案して大ヒットした最初のパンといえば「あんパン」ですが、現在、日本でも驚くほど色々な種類のパンが売られています。世界各地のパンを巡れば多種多様のパンが存在しており、その世界はあまりに広大です。そこで、各国の代表的なパンを選りすぐってみました。

 

★中近東・エジプト・インド

中金曜やエジプトといえば、パン発祥の地だったとされる地域。当時から数千年の時代を経た今もなお、どちらの地域でも当時の製法を受け継ぐパンが作られているというから驚きです。同じようにインドにも古来からの製法が受け継がれたパンが残っています。

・エイシ(エジプト)
無発酵パンでも丸く平べったい形をしています。エジプトの人々は、このパンの中に豆腐を煮て作った具などを詰めて食べています。朝や昼時には、屋台でも売られているそうです。

・ピタパン
最近では日本でもお馴染みですが、元々は中近東やトルコ、アフリカ地方でポピュラーなパンです。ナンもピタパンの仲間と言われています。丸くて半分に切ると空洞があり、さまざまな具を入れてサンドイッチにして食べます。現地では、羊の肉を使ったケバブや、そら豆のコロッケのターメイヤなどを挟んで食べたりします。

・チャパティ
インドの代表的な無発酵パン。全粒粉であれば小麦粉、ライ麦粉、オートミール、そば粉、コーンミールなど様々な粉から作られるのが特徴です。粉と、ギーと呼ばれる山羊の乳のバター、ぬるま湯、塩を合わせてよくこね、薄くのばして鍋で焼くだけです。いたって素朴なパンですが、カレーにとてもよく合います。

・プーリ(インド)
チャパティを油で揚げたパンがプーリです。プーっと膨れた形にはなかなか愛嬌があります。

・ナン(インド)
主にインド北部で食べられている発酵パン。今や日本でも、カレーにナンはポピュラーですね。材料には小麦粉、砂糖、牛乳、ドライイーストなどを使い、発酵させた後タンドールと呼ばれる窯で焼きます。

 

★フランス

美食の王国として名高いフランスでパン文化が花開いたのは16世紀の頃だそうです。かのイタリアの名家メディチ家の娘である、マリア・メディチがフランスのアンリ14世に嫁いだときに、パン職人が同行したことから始まったという説が有力です。

・バゲット
リーンなパンの代表格。バゲットは“杖”という意味で、フランスでは文字通りかなり細長く焼かれています。一般には焼き上げてから8時間以内に食べるのがベターです。

・クロワッサン
卵や牛乳、バターをふんだんに使う三日月形のパンで、オーストリアのウィーンにあったパンがフランスに伝わりこの形になったという説が有力で、マリー・アントワネットがお嫁入りしたときに伝わったという説もあるとか。

・ブリオッシュ
小麦粉の半量以上もバターを加える油脂分のとても多いパンです。こちらはリッチなパンの代表格といえるでしょう。いろいろな形がありますが、中でもポピュラーなのは、上にちょこんとダルマのような頭がついたブリオッシュ・ア・テート。これは僧侶が座った形を模しているとされ、宗教的な意味合いを含んでいるパンだといいます。

 

★イギリス

イギリスのパンの大発明といえば、時は18世紀、ジョン・モンターギュ・サンドイッチ伯が、ギャンブル中に発明したことでお馴染みのサンドイッチだそうです。挟んだものはローストビーフだったとか。イギリスの朝食といえば、イギリスパンとミルクティー、ここにベーコンエッグやオレンジジュースがつくこともあるようですが、朝食を大切にするお国柄のようです。

・イギリスパン
白い小麦粉を原料とした山形のパン。薄~くスライスして、焦げ目がつくほどカリカリに焼くのがイギリス流だそうです。

・スコーン
アフタヌーンティーといえば、イギリスの優雅な伝統行事。サンドイッチとともによく供されるのが、イギリス風ビスケットパンのスコーンです。

・イングリッシュマフィン
白くて円形の柔らかいパン。トーストしてハムや野菜を挟んで食べたりします。


★ドイツ

実は世界で一番パンの種類が多い国、だそうです。朝食には小麦粉を使った白パンである「ヴァイツェンブロート」、夕食には主にライ麦を使った黒パンの「ロッゲンブロート」と、朝と夜で食べるパンの色さえも変わるといいます。

・ヴレッツェン
小型の白い丸パンで、朝食の時に食べるポピュラーなパン。

・ビギンガー
ライ麦で作るドイツの黒パンの代表選手で、夕食のときに食べるパンです。しっとりとした生地で、独特の酸味があるのが特徴です。

・プレッツェル
細長い生地をいろいろな形に編み込んだパンで、塩味を効かしたパリパリとした食感が特徴です。ドイツではビアホールでつまみに出されることもあるようで、祭りごとに使われたり、パンやパン屋を表したりするシンボルとしても使われたパンだそうです。

 

 

<スポンサーリンク>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です