体にいい「水」の定義

<スポンサーリンク>

 

人間の体の約60%は「水」

私たちの体の大部分を占めていてまさにかけがえのない存在の「水」。
成人男性では体重の約60~65%が水、女性の場合は体脂肪がある分若干少なめで、約55%が水といわれます。体重に換算してみると、体重65㎏の成人男性ならば40㎏前後の水が体内になる計算です。

因みに、乳幼児の場合には体重に水が占める割合は更に多く、新生児では実に約75~80%が水、体重3㎏の赤ちゃんだと水以外の重さが600gしかないことになります。暑い夏には、特に小さな赤ちゃんには水分補給が大切だといわれるのがよくわかります。汗で出ていく体内の水を速やかに補給してあげないと脱水症状を起こし、危険な状態を招くことになりかねません。

 

水が私たちの体の中で果たしている役割

人間の体には1日2~2.5リットルの水が必要だといわれます。

・血液やリンパ液として体内のあらゆるところを循環し、酸素や栄養分、二酸化炭素やその他の老廃物などを運搬する。
・体液として細胞の中に存在し、細胞が構成する各器官の働きを助ける。
・血液やリンパ液などが運んできた老廃物を、尿や便、汗の形で体外へ排出する。
・体温を一定内に調節する。

血液やリンパ液、唾液、胃液などの形になって体のいろいろな箇所にある水は、1日に5~6回も循環するといわれています。そして体内にある約40㎏(=40リットル)の水の内、1日あたり約2.5リットルもの水が、尿や便、汗などによって体外へ排出されるしくみです。こうして排出されるのとほぼ同量の約2.5リットルの水を毎日補給しなければならないわけです。とはいえ、飲み物から摂るのは約半分、残りの半分は食事に含まれている水分から補給されています。

 

「体にいい水」の条件とは?

体の中に重要な位置を占めるものですから、体にいい水を摂りたいと思うのは、至極当然の話でしょう。
ところで、水道水は本当に体に悪いのでしょうか?また、体にいい水というのは、実際の話、どんな水をいうのでしょうか?
ひとことで言えば、“体にいい水”とは、
“悪い物質が含まれていない安全な水で、飲んでおいしいと感じられ、しかもカルシウムやマグネシウムなどの体にとって嬉しい成分が含まれている水”ということになりますが…。

 

水道水の安全性は?

日本の水はかつて、世界の中でもおいしい水だと評価されていました。その上、「湯水のように使う」という例えがあるように、水は私たちの生活にごく当たり前にたっぷりと存在しているものでもありました。諸外国の中には、成分が飲用に適さない“飲めない水”たとえば水の中に塩分が含まれていて塩辛い水や、ミネラルの量が多過ぎる水などしか手に入らない地域もあることを考えると、恵まれた国だと言ってよかったのでしょう。

ところが最近では事情が変わってしまいました。
いつの間にか私たちの頭の中に、「水道水を飲むのは心配」「体に悪いのでは?」という観念ができあがってしまったようです。特に首都圏や関西圏などの人口が集中する地域では、水への不安を訴える人の割合が高く、ミネラルウォーターや浄水器を利用する人が半数に上るともききます。

現在、日本の水道水のほとんどは、上水場で河川や湖などの水を浄化して供給されています。ところが残念なことに水源である河川や湖などの水の汚染は相当進んでいるのが実情で、そのために塩素をはじめとする様々な薬品で水を消毒したりろ過する方法がとられています。
ここでよく問題となっているのが、塩素消毒をする過程でできてしまう副産物の“トリハロメタン”です。以前、トリハロメタンの発がん性が大きな話題となった後で、厚生労働省は水質基準を大きく改め、基準項目はそれまでの倍以上になりました。しかし研究家の中には、そのチェック項目以外にも、まだまだ解明されていない残留物質が水の中にあると指摘している人もいるようです。

そして、塩素を使って消毒すると、独特の匂いが残ることがあります。それが“カルキ臭”です。飲んだときに「まずい」と感じるのは、カルキ臭のためだけではなく、塩素消毒だけでは取り除くことができない異臭が残ってしまうことがあるそうです。
厚生省や水道局は、「日本の水は安全です」と言っていますが、さまざまな問題を考え合わせると、本当に水道水が安全なのかどうかは「はっきりとはわからない」部分もあるようですね。

 

ちょっとした工夫で水道水をおいしくする方法

ここで少し雑学的にはなりますが、皆さんもご存じかもしれないマメ知識を載せておきます。

★5分以上沸騰させる・・・トリハロメタンを除去する
水をやかんなどになどに入れ、強火で沸騰させればトリハロメタンを除くことができます。ただし注意したいのは沸騰させる時間で、短時間の煮沸は逆効果です。トリハロメタンの濃度は、水が沸騰すると、沸騰する前よりも上昇していきます。そして約3分でピークに達し、以後は下がっていきます。そのため、トリハロメタンを除去したければ最低でも5分、できれば10~15分の煮沸が必要です。また、沸騰させている間、やかんや鍋の蓋は外しておくことです。
煮沸させる方法はカルキ臭やカビ臭を取り除くのにも有効です。ただし、沸騰させた水は蒸留水と同じで、雑菌が繁殖しやすくなるので、冷ましたら冷蔵庫に入れて、その日の内に使い切るようにします。

★ミキサーにかける・・・カルキ臭やカビ臭を減らす
水をミキサーにかけると、塩素やカビ臭が揮発し、匂いがしなくなります。ミキサーがなければ泡だて器やマドラーなどでかき回してもある程度の効果があります。ただし、この方法ではトリハロメタンはほんの少し減るだけです。

★炭を入れる・・・トリハロメタン、カルキ臭の除去
炭には、トリハロメタンや塩素を吸収する作用があります。炭はよく消臭や浄化の目的で使われたりもしますが、水道水の中に備長炭などの炭を入れてしばらく置くと、有害物質や匂いを除くことができます。

※いずれも家庭で簡単にできる即席浄化方法ですが、水道水の味をよくすることはできますが、ある程度限界があることを認識しておきましょう。

 

 

 

<スポンサーリンク>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です